ご挨拶

子どもの頃、鯨肉を食べていた行実です。当時、鯨肉は魚屋で売っており、刺身としても食卓に並んでいました。給食にもよく利用され、鯨の龍田揚げがおかずのときは、とても嬉しかったです。軟骨の粕漬の松浦漬も大好きでした。今では、鯨肉は高級食材です。滅多に食べられません。

さて7月30日は、プロレス記念日です。1953(昭和28)年、力道山が中心となり日本プロレスリング協会が結成されました。力道山は1952年(昭和27)年2月3日、プロレス修行のためハワイへ出発し、その後、アメリカ太平洋岸を転戦し、300戦295勝5敗の成績を残して帰国、日本プロレスリング協会を設立しました。
私の学生時代は、タイガーマスク(佐山サトル)が人気を集めていました。タイガーマスクの空中殺法に魅了され、毎週、新日本プロレス中継を見ていました。数年前、佐山サトルさんの指導を受けたことがありますが、現在の佐山サトルさんは、超ヘビー級の身体になっていました。

17060101コンパニオンに囲まれているのではありません。私は、若者の奉仕活動を支援する活動をしています。私の娘くらいの年代の若者と一緒に活動すると、気持ちが若返って、自分も20代になったような気になります。彼らからすると、うざいおっさんかもしれませんが…若者を見ていると、まだまだ日本は捨てたものじゃないと感じます。ところで、女性たちが口を揃えて言うのは、口説いてくる男性が少ないんだと。
少子高齢化で人口が減っていく時代、これは問題ありますよね。日本男子よ、奮起せよ。

壁にぶつかったら、本物を見に行け

佐々木常夫「上司の心得」角川新書より
佐々木常夫さんは、自閉症の長男を含め3人の子どもがいます。しばしば問題を起こす長男の世話、加えて肝臓病とうつ病を患った妻を抱え多重な家庭生活をおくります。一方、東レでは大阪、東京と6度の転勤、破綻会社の再建やさまざまな事業改革など多忙を極めます。同期トップで東レ取締役となり、東レ経営研究所社長を勤めました。
*****
山形県の湯殿山で即身仏を見たことがある。即身仏とは、己を捨てて世に尽くし、修行を積み重ねてきた僧侶が、山に籠ってさらに修行を重ね、穀物を断って木の実や草の根を食べて命をつなぎ、
最後は土の中に石室を築いて入り、衆生救済を祈りながら座禅をしつつ死を迎えたものである。
日本には24体の即身仏が現存し、そのうちの6体が山形県の庄内地方にある。

その即身仏の姿は強く心を揺さぶられるものであった。修行を重ねた高僧が世の安寧を一心に祈りながら亡くなっていった壮絶さがひしひしと伝わってきた。これは私にとって衝撃的な体験であった。自分の人間としての小ささを実感できたからである。私がいくらお客様のため、部下のためを思って働いたとしても、即身仏になった僧侶には遠く及ばない。私が目指すべきものは、まだ
はるか先にあると感じられた。また、世の中には自分という存在をはるかに超えたものがあると知ったことも大きな刺激となった。人知を超えた存在にひたすら祈り、最後は命を落とした僧侶は、即身仏となって圧倒的な存在感を放っていた。自分の力だけで何でもできると思ってはいけない。何かを成し遂げられたとしても、それは自分の力だけではないと思えたのである。このような体験ができるから、本物を見に行くということがとても大切なのである。人は本物を見るたびに、感動するとともに自分の存在の小ささを認識し、謙虚さを学ぶ。そして壁にぶつかって悩んでいたその悩みを、小さなこととして客観的に見ることができるのである。

私に即身仏の存在を教えてくれたのは、以前私が仕えていた東レの元社長前田勝之助さんである。社長には、それまでの人生の中で出会った3つの偉大なものがあった。エジプトのルクソール神殿、ネパールのヒマラヤ山脈、そして山形の即身仏。ルクソールは人間が造った偉大な構造物、ヒマラヤは自然の偉大な造形、即身仏は他者のために命を捧げた偉大なる人間だ。前田社長は、私が取締役になる直前にこの話をしてくれた。お前も人のために尽くせよと言いたかったのだろう。
それ以来、たとえば私は海外出張の機会があると、可能な限り1日だけプライベートの時間を作って、現地の遺跡や寺院などに触れる機会を設けるようにした。人によってはそうした行動を嫌う人もいるだろうが、それは違う。本物を見ておくことは、今の君にはそれほどプラスにはならないけれど、君の人格形成の上で大いなる経験となるだろう。

今日の仕事に追われて本物を見ることをおろそかにしている人と、本物を見ることを大切にしている人とでは、やがて人としての深みの形成に大きな差が生まれると思う。

お知らせ

  • 7月5日~20日、博多駅前にて「iDeCoを活用したハッピー老後!」セミナーを開催します。
    会社のセミナールームを使用するので、無料です。お申込みは、http://www.withfp.net/ まで
  • 飯塚市内などで7月以降、「知らないともったいない!老後のお金は手取りを増やす、貯める、育てる賢く増やすぶちねこ講座」を開催します。「ぶちねこ」とは、ぶ【分散投資】、ち【長期投資】、ね【年金】、こ【公的年金上乗せ制度】です。日程などはメールなどでお問合せ下さい。

名湯紹介

17040103竹田市の久住山南麓に自然湧出する赤川温泉(赤川荘)は、古くは「くされ湯」と呼ばれていました。古名は、できもの(くされ)に効能があったことに由来します。泉質は、含二酸化炭素・硫黄・カルシウム・硫酸塩冷鉱泉で、主成分は石膏と炭酸ですが、多量の硫化水素を含みます。お湯は、硫黄分を多く含み白濁しており、青味のかかった美しい乳白色をしています。露天風呂の奥には落差12mの雄飛滝がかかっており、滝見風呂を楽しめます。

線虫によるガン検査とガン保険

お客様とガンの話をしたんだけど、最新のガン検査の話題についていけなくて・・・線虫による画期的なガン検査について、知らなかったんです。

困った人ね!ガンは早期発見すれば、生存率が高くなる病気なのよ。
お客様のためにも、医療に関する知識は身に付けておきなさいよ。特にガンは、お客様の関心が高い疾病なのよ。

線虫によるガン検査は生物学的なものなので、医療行為に該当するかどうかなど制度面での課題や従来の検査法を推進してきた医療機器や医薬品メーカー、医療機関の反発、大量検査体制の確立など紆余曲折も予想されるよね。

線虫によるガン検診が普及すれば、ガンの早期発見が劇的に進むんだ。
一方で医療技術の急速な進歩に、ガン保険が追いついていないんだ。だからガンに罹患してもガン保険から給付金が下りない可能性もあるよ。

線虫によるガン検査が広く普及すれば、ステージ0のガン(上皮内ガン)が発見される可能性は高くなります。しかしながら、ガン保険の多くは、ステージ0のガン(上皮内ガン)の給付金が、
通常のガンの給付金と比較して、5割や1割、中には給付対象外などと低く設定されています。
不利益を被らないよう、現在加入しているガン保険の給付条件を確認しておきましょう。

線虫検査によるガン早期発見の時代が来る!

2019年末から2020年にかけて、線虫によるガン検査が実用化される予定です。

九州大学の広津崇亮助教、伊万里有田共立病院の園田英人外科部長、九州大学大学院の前原喜彦教授らの研究グループが、線虫は尿によって高精度にガンの有無を識別することができるとの研究成果を2015年に発表したことがきっかけです。
ガン患者には特有の匂いがあることが知られており、線虫は犬と同等の嗅覚を持ち、匂いに対する反応も調べ易く、飼育も容易で、さまざまな実験技術が開発されていることから、線虫によるガンの有無の識別法を開発されました。

検査で使われる線虫は、C.エレガンスという体長1ミリ程度のヒモ状の動物です。この線虫は、ガン細胞に特有の分泌物の匂いに反応します。ガンの匂いは、血液、尿、呼気など様々な物に含まれています。九州大学の研究チームは、このC.エレガンスで、血液よりも診断が容易である尿に対する反応を調べたところ、ガン患者の尿には誘引行動を、健常者の尿には忌避行動を示すことがわかりました。線虫を利用したガン診断テストを実施したところ、感度(ガン患者をガンと診断できる確率)は95.8%、特異度(健常者を健常者と診断できる確率)は95.0%でした。
そして、テストをした数十種類のガンすべてに反応を示しただけでなく、ステージ0や1の早期ガンに対する反応も確認されました。

線虫を使うガン検査の技術は「n-nose(エヌ・ノーズ)」と名付けられ、研究にあたっていた九州大学大学院の広津崇亮助教が、この技術の事業化を目指すベンチャー、株式会社HIROTSUバイオサイエンス(ヒロツバイオ)を立ち上げました。
そのヒロツバイオと日立製作所が、現在、共同研究による実用化を目指しています。実用化されると、たった1滴の尿でさまざまな早期ガンを数百円程度で高精度に検出できるようになります。

さらに、第二弾として早期発見が難しいすい臓ガンなどの特定のガンの検査方法の研究が進んでいます。
すい臓ガンの臭いを好むCエレガンスを作成中です。

ガンが尿1滴で短時間・安価・高精度に早期発見できる時代は、すぐそこまで来ています。

この医療技術の進歩についていけないのが、ガン保険です。線虫によるガン検査が広く普及すれば、ステージ0(上皮内ガン)のガンも発見される可能性が高くなります。しかしながら、
ガン保険の多くは、ステージ0のガン(上皮内ガン)の給付金が、通常のガンの給付金と比較して5割や1割、中には不給付などと低く設定されています。だからステージ0(上皮内ガン)で発見されても、ガン保険から給付金が下りない可能性も生じます。皆さんが加入しているガン保険は、ステージ0のガン(上皮内ガン)の場合、保険金が満額支払われますか、それとも減額されますか?
今後のガン保険選びにあたっては、ガン給付金と同額の上皮内ガン給付金が支給されるかどうか、も重要なポイントになりそうですね。