ご挨拶

子どもの頃、霜柱をサクサク踏むのが好きだった行実です。小学校に登校する途中、田んぼの中を通っていたので、寒い朝ともなれば、道のあちこちに霜柱が立っていました。今では、自動車通勤なので、霜柱にお目にかかることがなくなりました。

さて12月13日は、ビタミンの日です。鈴木梅太郎博士が米糠の中に脚気を予防する成分(オリザニン)を発見し、明治43(1940)年12月13日に東京化学会例会で発表しました。ポーランド人科学者C.フンクも1941年に同じ物質(ビタミンB1)を発見しましたが、国際学会への発表がC.フンクの方が早かったため、C.フンクの功績とされました。ビタミンの日は、ビタミンの日制定委員会が鈴木博士の功績を称えて平成12(2000)年に定めました。ビタミンという名前は、生命維持に必要な(ヴァイタル)アミン(窒素基を持つ物質)という意味で、現在13種類が発見されています。ビタミンは生命維持に必要な微量の物質で、代表的な欠乏症には脚気、ペラグラ、壊血病、くる病、悪性貧血があります。欠乏しないように食生活に気を付けて下さいね。

沖縄のジャンヌダルクと呼ばれる我那覇真子さんの講演会に再び参加しました。我那覇さんは、沖縄で反日分子を使った工作活動を顕在化させている中国の実体など発信している20代の女性です。我那覇さんによれば、辺野古などの基地反対活動は沖縄県民の総意ではなく、主に県外の反日分子や外国勢力によるものだそうです。また米軍兵士の事件が報道されますが、むしろ暴力活動を頻繁に起こしているのは、平和を唱えている人たちだとか。沖縄の真実を命を賭けて訴えている我那覇さんに比べて、遊びに夢中で選挙にも行かない我が家の娘たちの平和ボケときたら・・・我那覇さんの爪の垢を煎じて飲ませたいくらいです。

安楽死を選んだ女性 最後の16時間に密着

 宮沢洋一「世界安楽死を巡る旅、私、死んでもいいですか」小学館より
患者が自らの体内に毒薬を入れ自死に至る、自殺幇助が合法化されているスイスで、あるスウェーデン人女性の死に立ち会った。

2015年9月、ヨーレル・ブンヌ(68歳)は突然、背中の痛みに襲われた。CT検査を受けると、膵臓癌が見つかった。余命はわずか半年と宣告された。
「とにかく、この痛みから早く逃れたい。痛みが私の体を侵食していくの。元医師として、どんな結末が待っているのか、良く分かっているつもりよ」
「患者の痛みを和らげる緩和ケアが各国で主流になっているけど、私の意見では、まったく無意味だと思う。それは単なる嘘でしかない。この痛みを和らげることなんてできませんから。特に私の癌は、とても不愉快な痛みです」
「子供はいますか?」と私は彼女に尋ねた。
「43歳の長女と、40歳の長男がいます。2人には、すでにスウェーデンで別れを告げてきました。この決定は、私の個人的なものだと思っているんです。死ぬ私の姿を子供たちに見てほしくはない。夫だけに、私の最期の顔を見つめてもらいたいのです」
長男とは、長年仲違いで、顔を合わせる機会もほとんどなかったという。しかし、この死を選択したことを伝えると、長男は理解を示し、以前にはなかった母親へのサポートを始めた。長女については、口にしようとしなかった。私も敢えて訊くのをやめた。

夫婦2人だけの最後の時間を、私が奪ってはならない。夫のユーブリンク(72歳)と翌朝、彼女が「深い眠り」に就いた後、朝食を一緒に取ろうと約束して別れた。
翌朝8時半、同じアパートの中で、自殺幇助が行われた。
「すべてが本当にうまくいきました」
やや疲れた表情でそう答えたユーブリンクは、手元にあったチョコレートケーキを頬張っていた。私が想像していたよりも、落ち着きがあるようだった。しばしの沈黙の後、私は彼の顔を覗き込んだ。
「私は大丈夫ですよ。こうなることは、覚悟できていましたから」
安楽死のためのストッパーを開けた時、彼はブンヌの手を握り、お互いに涙を流したという。
彼女が喉元に異変を感じた時、「これで最後よ」と、夫を見て囁いた。
奥さんに最後、何と伝えましたか?
「きみはこれから長い睡眠に入るんだよ。楽しい人生をありがとう。またどこかで会おう。愛しているよ、と……」

お知らせ

●10月号はプリンターの故障のため、印刷できませんでした。何卒ご理解ください。
●12月のセミナー案内です。①12月2日(土)11~13時、②9日(土)13時30分~15時30分、③16日(土)15~17時 博多駅前にて、40代から始める年金に頼らない老後資金づくり☆無料セミナーを開催します。「公的年金だけでは老後のお金が心配」「低金利の預貯金ではお金は増えない」「でも、貯め方がわからない!」そんな方に最適なセミナーです。
詳しくは私のHP「ゴールFP事務所」を検索して下さい。

名湯紹介

人吉市の人吉温泉元湯は、大正年間にご近所4軒で共同掘削し、開業は昭和8年からです。昭和レトロ感あふれる浴場で、浴場には赤茶色の御影石で縁取られた正方形の浴槽があるだけです。泉質はヌルヌル系のナトリウム-塩化物・炭酸水素塩泉で、源泉温度が47.7℃のため、湯温を下げるため加水しています。ひなびた温泉もいいものです。